通信速度が低下しない

容量制限は無線通信での悩み

wifiルーターを導入して通信できるようにすると無線通信でありながらも通信速度が低下しないのがメリットです。モバイルwifiサービスを利用すれば簡単に無線通信を利用できるのは確かです。しかし、一般的には通信量が定められていて、オーバーしてしまうと速度制限を受けることになってしまいます。スマホなどのキャリアとの契約の場合にも同様で、容量制限がかけられているためにオーバーすると速度の低下が問題になりがちです。一般的には三日間で何ギガバイト以下、月間で何ギガバイト以下といった形で契約する仕組みになっています。大きな容量にすると月額料金が高くなってしまうので、諦めて遅い速度で利用していることも少なくはありません。

容量制限なしで通信が可能

wifiルーターを導入すると容量制限がなくなるのは、光回線などと同様の容量制限がない契約にすることができるからです。一般的には固定回線で接続できる契約をした上で、その回線にwifiルーターを接続して無線通信をできるようにします。それ以外にも無線通信のルーターを直接契約して容量制限がない形で利用することができる業者もあります。このようにすると普段はスマホやタブレットなどはwifiを使って通信するようにして、容量を無駄に使わないようにすることも可能です。契約を見直して通信容量を小さくすれば通信費の節約にもつながります。このようなメリットがあるのでwifiを使って速度低下に悩まされないインターネット接続環境を手に入れましょう。